« iTunes StoreにSMEが | トップページ | carbon audio Zookaがやってきたの巻 »

2012.12.08

「家でもカフェでもコーヒーをさらに楽しむための勉強会!」@タネマキに行ってきた

2012年12月7日、コワーキングスペース「タネマキ」でのイベントの話。

Img_3521

家でもカフェでも、コーヒーをさらに楽しむための勉強会!


ダブルトールカフェの方の講師で

 

・豆の選び方
・ペーパードリップの淹れ方
・クリスマスブレンド試飲


ペーパードリップに絞っている点で自宅でも参考になるところがたくさんあるのでは、という期待もあり、タネマキがとても行きやすい場所だったこともあった。




この日夕方、津波警報が出るような地震があってテレビを注視していて出遅れてしまったのはないしょである。 いや~驚いたこと。

◆選ぶ要素

Img_3499

グレードや価格、焙煎度合い、産地の違い、店・農園のブランドで味や価格に特徴が出る。

◆地域別のテイスティング。当ててみよう

 ガテマラ・エチオピア・マンデリン

   当てられるかな? (ヾノ・∀・`)ムリムリ

   今回は試飲の種類が多いのでエスプレッソ用のグラスでちょっとずつ。
   (水欲しい(笑))

さて、
◆豆の選び方

炒りたて過ぎるとまだガスが出ているため、炒ってから2,3日後〜遅くても1ヶ月以内に使いきれるように

◆抽出の歴史

ペーパードリップって一番歴史が浅いというのは今回はじめて知った。

Img_3512

この手段を発明した人、天才!(個人的に賞賛)

◆美味しく淹れるポイント

・新鮮な豆
・分量を量る
・器具を温める
・熱湯を注がない
・フィルターにお湯を注がない
・蒸らす
・そっと注ぐ
・お湯が落ちきる前にドリッパーを外す

その場で豆を挽き、ポイントをふまえて
3種類のクリスマスブレンド(相当の品)を淹れて飲み比べ。

 ●ダブルトール
    ダークブレンド

 ●丸山珈琲
    

 ●スターバックス
    クリスマスブレンド


 強い味なので甘いお菓子と水が欲しいなぁと思ったり。
偶然チョコがあったので食べながらo(^▽^)o
スタバのクリスマスブレンドとカフェベロナは味が強いので甘いものと水がないと飲みずづらくて実は苦手。
この三種類の中ではダブルトールのダークブレンドが一番好みだったなぁ。
お世辞抜きで。

今回使用していたのは円錐形のドリッパー。

この形が数年前から流行りつつある、というのを某メルマガで見て気になっていたんだけど、100均では売ってないのだ(笑)
ペーパーフィルターも円錐形用だから、というのもあるかもしれない。

 一人分を淹れるのが一番むずかしい

ということだったので、二人分を淹れると比較的うまくいくとの事。
がぶ飲み(薄めの)が好きなのでそこは問題なし。

最後に一つ、オマケで、カフェテナンゴの「Cawolie(カヲリ)」を試飲。
生クリーム系のケーキにあうかなぁ、って思ったり。

タネマキには漫画がいくつかジョジョの奇妙な冒険とワンピースが揃っているようなので読破しにいきたいなぁと思ったり。何冊になるんだよ(笑)
近いし折を見てまたおじゃましたいと思います。

様々な種類をちょびっとずつでも結構な量を飲んだ気分で夜はなかなか寝付けませんでした(やはり)


今回のアイテム、豆提供元

(有)エス・エスアンド・ダブリュー






|

« iTunes StoreにSMEが | トップページ | carbon audio Zookaがやってきたの巻 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「家でもカフェでもコーヒーをさらに楽しむための勉強会!」@タネマキに行ってきた:

« iTunes StoreにSMEが | トップページ | carbon audio Zookaがやってきたの巻 »