« 白いカメラが、来た | トップページ | 液晶保護フィルムって10枚組とかないの? »

2011.10.23

iPhone4S(au)に「公衆無線LANお試しキャンペーン」設定をするの巻

無線LAN設定は難しいかどうか という話。


とっつきやすいかどうか 人によると思う。自分にとってはあまり抵抗はない。

サポセンで設定教えてたことがあるからかもしれない。



iPhoneに関して無線LAN設定は避けて通らないほうがいい。

KDDIのWeb、iPhoneをクリックして、ワイヤ・アンド・ワイヤレス社提供の



公衆無線LANお試しキャンペーンご利用ガイドVer1.1



の設定について。


この手順に沿って設定すると外出先のWi-Fiが利用しやすくなる(かもしれない)

だが都度IDとパスワードをSafariから入力しないといけない。



    激めんどくさい。


どれくらいめんどくさいかというと ちゃぶ台ひっくり返して円盤投げするくらいでしょうか。



ワイヤ・アンド・ワイヤレスのWebを確認していたら、AppStoreからアプリをインストールして簡略化する方法があるそうな。


    またアプリが増える (# ゚Д゚)


でもこれって、アプリ入れておかないとちゃんと使えないのではないか?
という疑惑でインストールしてみることにする。

http://300.wi2.co.jp/

その前に、念のため

KDDIのお試しキャンペーンご利用ガイドの

Appicn_wi2c4

設定方法2:パソコンなどを利用して設定する方法

 

を済ませておくことにした。その後に


  ご利用手順

 


を見て、以下を参照しアプリをインストール。



Wi2Connectご利用ガイド (iPhone/iPodTouch)


 


iOSのバージョンに寄りインストールするアプリが違うので要注意。

Img_0384


今回はiOS5での使用なので

 

Wi2Connect4

 


 

を利用する。

 

アプリの中から、接続用プロファイルをインストールする。
手順は以下。


 インストールボタンをタップ>「Safariを起動しますか?」>[OK]>[インストール]>[インストール](確認用)>(パスコード設定している人はパスコード入力)>[完了]


Wi2圏外での設定は以上。


ま、設定しても、接続しても利用者が多かったりで実際には3G回線の方が速かったりなんてザラなのでお気持ち程度ということで。

 

繋がらないなぁ、と思ったときは

 

Network Ping Lite

 


というAppを使って確認してみているがパケットが流れているかを「確認」するだけなので急ぎの場合は3Gの電波がある所に移動した方が早いかもネ、といつも思う。

 




ちなみに、

  livedoor-web

に自動的に接続されてしまうことが多いように思うのだが、これに繋がるとかなり高い確率でデータが流れてこないように感じるし、その場合測ってみるとパケットロス100%なので、接続用プロファイルから消してくれないかなーと密かに思っている。

20111109_132556


更に、auのiPhone4Sで公衆無線LANお試しキャンペーン設定を利用する場合マクドナルド等の「BBモバイルポイント」は利用できないので、Softbank版と混同しないようにしたい。


詳細は こちらで よく 確認 しましょうね



au iPhoneユーザー向け無料キャンペーンとWi2 300の利用エリア違いについて

|

« 白いカメラが、来た | トップページ | 液晶保護フィルムって10枚組とかないの? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

iPhoneを使う日々」カテゴリの記事

ネットワーク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4S(au)に「公衆無線LANお試しキャンペーン」設定をするの巻:

« 白いカメラが、来た | トップページ | 液晶保護フィルムって10枚組とかないの? »