« ゆうMUG定例会#9に行ってきました | トップページ | AppleStore銀座イベント「三枝こころiPhoneアプリ発売記念イベント」に行ってきました »

2010.01.24

アプリ紹介:PhoneGrafer iPhoneで撮影した写真の日時を知るなど

PhoneGrafer:アマチュアフォトグラファーのためのiPhone 3G/3GSカメラアプリケーション

という、多機能なカメラアプリの話。

20100126_0405
簡単に言うと

◆セルフタイマーで写真を撮る(水準器付き)

◆普通に写真を撮る 全画面シャッターボタンも可

◆撮った写真の加工(フィルターをかける、サイズ変更)

◆EXIFデータ確認(撮影カメラ、シャッタースピード、絞り、撮影時刻、GPSデータ等)

だから、撮影した写真の撮影日時を確認したい場合、このアプリを使うのも一つの手。
撮影場所を地図で見たい場合、PhoneGraferはお知らせ無しにマップ(標準搭載のアプリ)に切り替わる。
このアプリの中では見られない。
マップを終了してPhoneGraferを再度起動しないといけない。



アプリ切り換え無しで撮影日時確認をしたい場合は


iPhoneで撮影した写真の日時を知るには


にて紹介したアプリ 
Koredoko がいいかもしれないがあちらは確認するだけのアプリ。

画面キャプチャ等、日付データがそもそも入っていない写真は

PhoneGrafer>カメラロール 画面で表示されない。

加工の雰囲気や機能については

サポートサイト

を参照してね。


もうそろそろiPhoneのホーム画面はいっぱいいっぱい、一つ追加するには何かを

予備軍に移動しないといけないのだが機能まるかぶりするアプリがないのだな〜う〜ん(^^;)


実は11ページのホーム画面と検索1ページで都合1ダースだが、アプリの名前さえ覚えておけば12ページ目のホーム画面でアプリが隠れているだけで検索画面から呼び出す事ができる。




はてさて。どうしたものか(笑)



Koredoko(写真)


PhoneGrafer(写真)

|

« ゆうMUG定例会#9に行ってきました | トップページ | AppleStore銀座イベント「三枝こころiPhoneアプリ発売記念イベント」に行ってきました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

iPhoneアプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アプリ紹介:PhoneGrafer iPhoneで撮影した写真の日時を知るなど:

« ゆうMUG定例会#9に行ってきました | トップページ | AppleStore銀座イベント「三枝こころiPhoneアプリ発売記念イベント」に行ってきました »