« ダイソー以外のiPhone用画面保護フィルム | トップページ | 池田山公園とiPress CAFE 渋谷へ行きました@2009年10月30日 »

2009.10.27

手塚治虫マガジンの更新

AppStoreの注意書きを時々読むといいよ、って話と
更新時間が変更になって助かった、って話。


リリース以来、まんがに触れる機会が増えて少しうれしいアプリが


手塚治虫アプリ(週刊手塚治虫マガジン)20091027_1132
(リンク先はAppStore)


である。
2009年10月27日現在、バージョン1.2.0 だ。

最初の頃はしっかり読んでいたものの、ここ1ヶ月程の間は
一度も開かずに更新を迎えてしまっていた。


以前のエントリで、更新されないようにフライトモードにして
3G回線とWi-Fiをオフにして起動すると、更新時間を過ぎても読めたという
実験結果を書いたが、2009年9月頃からできなくなっている。

 『通信回線が確保できる場所で云々』

という内容が出るのだ。


だから、更新時間を過ぎて前の号を読みたいと思ったり、
最新号を読もうとしても何も通信ができない地下鉄などでは
全く読めない。


    不便です〜〜〜〜(;ω;)


前の号が読めないのはしかたないとしてもですよ。。
オフラインで読めるのではなかったか?


ページ一覧で水色の点が出たら、ページ読み込みが完了したという事だと理解している。


一応、通信中を示す、メニューバー左端付近に出てくるギアマークが
消えたのを確認して持って出ても時々読み込み直しているようだし


完全にオフラインで読める状態になっていそうでなってない ∑(゚∇゚|||)


って事が判ったときのガッカリ感はもう。。。
ホントにガッカリ以外の言葉にできない(笑)


ま、それはそれとして。

時々あるバージョンアップの際、AppStoreで表示されたアプリアイコンをクリックすると、説明を読みに行ける。

新機能を確認して納得すればバージョンアップするが、

・バージョンアップ画面のボタン『バージョンアップ』をクリックしてもよいし、
・AppStoreから新規に購入するかのように『購入する』を押しても旧バージョンを持っていればバージョンアップできる。

仮に、最初に入手した時無料で、現在は有料になっていた時のバージョンアップは、どちらの方法でダウンロードしても無料だ


手塚治虫アプリも、バージョンアップの際AppStoreへ説明を見に行った時に


  
更新時間が毎週火曜日午前0時→昼12時に変更になりました


という記載があった。
これは大変助かる変更(笑)


 まだ読んでないっ!
Σ(゚□゚(゚□゚*)

と気が付くのが大抵火曜日になってからが多かったので
12時間でも遅くなれば読めるかもしれないと思ったからだ。

実際、読めている(笑)


開始当初、純粋にマンガ本な感じ:表紙、目次、本編、後付け、あとがき
だったが最近は開発元の広告と時々映画の宣伝(MWや、ATOM)が入るのは
アプリとして少しずつ育っていると言うかえげつない程度であれば
順当なのかな、と思うのでアリだなと思う。


まとめ、として。

更新時間が少し遅くなったのはありがたい。

|

« ダイソー以外のiPhone用画面保護フィルム | トップページ | 池田山公園とiPress CAFE 渋谷へ行きました@2009年10月30日 »

iPhoneアプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫マガジンの更新:

« ダイソー以外のiPhone用画面保護フィルム | トップページ | 池田山公園とiPress CAFE 渋谷へ行きました@2009年10月30日 »