« iPRESS Cafe 渋谷がオープンしたので行ってみました | トップページ | たまプラーザテラスプレオープン »

2009.10.18

iPRESS CAFE 渋谷でデコ電会開催

2009年10月18日、様々な事情でiPRESS CAFE渋谷で20091019_2248

iPhoneのケースにデコレーションを施す『iPhoneケースデコ電会』が初めて開催された。(主催:@ogacchiiPodStyle/iPress、出張デコ教室:こころや

iPodStyleのレポートはこちら

8月に参加したiPRESS cafe + Twitterを通じて今回参加してみようと思ったのだが、
私のデコ歴は皆無。

だからとっかっかりがわからない状態だったのも手伝って二の足を踏んでいたら興味が失せてしまった類だ。

今回参加すれば、講師が来てくれて、必要な道具、ストーンやデコパーツ、ケースは当日会場に用意されるので自分は手ぶらで行けばよい。
(デコりたいケースと使用する予定の石の色は事前申請)
そんな気軽さと、


このような機会がなければデコ電を作ることもないだろうというのも参加のきっかけの一つだ。
今回で満足するか、ハマるかは別の話として(^^;)

強いて言えばスイーツデコは固まるまであまり動かさない方がいいので優しく持ち帰るための箱か手提げを用意しておいた方がいいようだ。Img_0208

iPhoneの場合は本体に直に貼付けるのではなく、保護ケースにデコるのであらかじめ数種類作り着せ替え感覚で気分や状況に合わせた自分仕様のiPhoneを作り上げる事ができる。

まぁ、欠点と言えば

  デコ盛りしすぎてiPhoneかどうか判らなくなる場合があるって事くらいか(笑)


今回は考えすぎてイタイ感じになったんではないかという
昔のアップルロゴ6色バージョンを元に作ってみたケースを作った手順を添えて紹介する。



   ていうか、見て(笑)


初めてのくせに作業が壮大すぎてしまったがために当日居残りで完成させたのがこちら。

Img_0206

他の参加者の皆さんはトリニティーのPlastic Case for iPhone 3G
を使用。このケースは透明タイプが無いので・・・


私が使用したケースは、トリニティのCrystal Case for iPhone 3G

林檎マークは、廃棄するMac本体から収穫した純正ロゴを持参(笑)

ケースは透明。ベルトクリップ部分が回転するようになっていて
 ・ベルトクリップ
 ・タテ/ヨコ置きスタンド
 ・ヘッドホン巻き取り
 ・フォトフレームのような穴があいていて壁掛け

ができるようになっている。


そんな考え抜かれた構造に、まるっきりおかまい無し(笑)


革ケースを指定した方は今回残念ながら欠席せざるをえなくなってしまったので、土台はプラスティックケースとクリスタルケースの2種類となった。
Img_0202

スイーツデコ、スワロフスキー、ラインストーンの3種類でテーブルが分かれそれぞれレクチャーを受けながら作業開始。

◆道具の使い方説明
   マジカルピック、接着剤(デコプリンセス・ラインストーン用)、つまようじ、綿棒、アクリル絵の具


◆ケースの油分を取り除く
   消毒用アルコールで石を乗せる所を拭いておく

Img_0203
◆イメージデザインをケースに書き写し、それに沿って石を乗せていく

   紙に書いた、カラーコピー、模様の入ったカッティングシート等でもよいがデザイン画をケースに貼付ける。デコプリンセスを紙に塗り空気が入らないようにケースに接着。

   私のように正確さが不要な場合はアクリル絵の具でケースに直書きしストーンを乗せていく目印にするとともにストーンのスキマから下地が覗いても目立ちにくくする。


◆アクリル絵の具が乾いたらラインストーンを貼付けていく

Img_0205
  ここからは地道な耐久戦。
  アクリル絵の具の色に合わせてラインストーンを貼る。いきなり広い範囲に接着剤を塗ると乾いてしまったりストーンが無い場所で見苦しくなるので少しずつ接着剤を乗せストーンを乗せていく。

  この辺の作業中、周囲の人たちはまるでカニ食べ放題のような黙々と作業モードに入っている。


    そういう作業もたまにはいいんじゃないかと。


  スイーツデコのテーブルは生クリーム風の白いシリコンを盛り、マカロンの形をしていたりチョコレートの形をしている物を置いていくので作業時間はストーン組に比べてはるかに作業時間が短い。とはいえ、面積は広いので盛り甲斐があるらしい(?)
わかった、プレゼント品のトリニティのDockStrap for iPod/iPhone
にもデコる余裕まであった模様(笑)

  そして、13時から説明が始まり、16時でいったんお開き、途中であれ作品を並べて撮影会&トリニティ賞1名を決定、The Sanctuaryが贈呈されていた。


■仕上げ

 本当はストーン貼付けが終わったらはみだしたりストーンに余分に付いた接着剤を除光液と綿棒で取り除く作業があったのだが間に合わなかったので行わず。


会場は20時まで居ても構わないということだったのでそのまま完成まで作り続けた。
もっとワンポイントの感じで小さめにしてもよかったのかな、とも思う。


テーブルが低かったので腰が痛かったのが難点といえば難点。
カフェテーブルだから仕方ないんですけどね(^^;)


できあがってみると、ストーンが盛大に余っているので同じデザインならあと2つくらい出来そうだ(笑)
DockStrap for iPod/iPhoneにデコろう。・・・にしてもまだまだ余る


■まとめ(?)

他の参加者のみなさんはとてもステキなケースに仕上がっていて撮影させていただいたが無断で公開するのもどうかと思うのでiPodStyleで公開されたり、iPRESS誌面での紹介を楽しみにしていただきたいと思う。

今回かかった金額は、自分の場合
ラインストーン(のコース?)は2,000円だった。
  内訳:ラインストーン、接着剤、マジカルピック、レクチャー付き
      ケースとドックストラップはメーカーからの協賛品だった。

結局格安で体験でき、今後のとっかかりになった事はとてもよかった。
今後も開催されるようであれば注目してみたいと思う。

今回の様子は、iPodStyle/iPodStyleMovieにて公開される予定とのことなので楽しみだ。

週末にはゆうMUGの定例会もあるので話題が少なければ提供できるかなと密かに目論んでいるものの、圧倒的に女性会員が少な過ぎるのでどうなのかと(笑)


    iPodStyle、早く公開してね〜

2009年10月20日 iPodStyleフォトレポート公開:iPhoneケースデコ電会 レポート



2009年12月02日 追記 かかった費用は、私の分でラインストーンだったので3000円だった。
当日パーツを追加した人はその分実費で追加していた。
除光液等購入している人もいたが、ネットで買うよりその場で購入した方が早いしコツ等も聞けるのでお得だ。

ちなみに当日の基本予算は以下。

1.スイーツデコ・・・2,000円程度
2.ラインストーン等のデコパーツ・・3,000円程度
3.スワロフスキー使用・・・5,000円程度

|

« iPRESS Cafe 渋谷がオープンしたので行ってみました | トップページ | たまプラーザテラスプレオープン »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

iPhone脳天気Tips」カテゴリの記事

iPhoneを使う日々」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPRESS CAFE 渋谷でデコ電会開催:

« iPRESS Cafe 渋谷がオープンしたので行ってみました | トップページ | たまプラーザテラスプレオープン »